人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

【ポケモンSM】ヘビーボールダンバルについて【検証】

【注意】

解析などグレーな内容を含む記事ですのでそこに対して否定的な人は閲覧しないことをおすすめする。

 

 

SMではジョウト地方特産のガンテツボールを手に入れることができる。またボール遺伝の経路が変更されたことにより今まででは不可能だったボールのポケモンも可能となる・・・のだが、そんな中

 

”捕捉率がマイナスになるのでヘビーボールでダンバルを捕まえることはできない”

 

という情報を手にした。

 

というだけでは分からない人も多いと思われるのでポケモンの捕獲処理の基本事項を軽く解説させていただくが、3世代以降はポケモンを捕まえる時のプログラムは種族ごとの捕まえやすさ(捕捉率)とボールごとの値(ボールボーナス)の積が計算式に用いられている。

参考 : https://www.dragonflycave.com/mechanics/gen-iii-iv-capturing

ここで、通常のボールは全てで計算されているので負になることはないのだが、ヘビーボールだけは和もしくは差で計算を行うため、値が負になってしまうばあいがあるのだ。当然、一度負の値になるということは捕獲率がマイナスとなり、不可能となる。

具体的には、ダンバルの補足率が3で、ヘビーボールの補正が体重100kg(220.46lbs)以下のポケモンの補足率に-20の補正がかかり、-17になってしまうのである。また、7世代の各種ボールの仕様については海外ハッカーによる解析が行われ、明らかにされているのでこの数値が間違っているということはない。

参考 : http://pastebin.com/uEE1UHwW

確かにこれでは捕獲することが不可能のように思える。

 

しかし本当に不可能なのだろうか。

 

以前の作品でヘビーボールを入手できたHGSSで検証を行うことにした。検証内容はヘビーボールでサンダーを捕まえるということである。サンダーもダンバルと同じで、捕捉率3で体重が100kg以下のポケモンである(HGSSはヘビーボールの仕様では体重が204.8kg以下の場合捕捉率が-20される)ため、同様に補足率がマイナスになるので捕獲不可能ということになる。

 

結果としては捕獲することに成功した(画像は後日掲載する)

 

同様の条件となるヘビーボールでスイクンを捕獲している例もあるため、少なくともHGSSでは補足率がマイナスになる場合でも捕獲が可能ということである。これについてのアンサーは、補足率が0以下にになる場合は自動的に1にセットされるというものである。

 

つまり、この仕様が継続されていれば今作でもヘビーボールでダンバルを捕獲することが可能であり、逆に仕様が大きく改変されていれば不可能ということになる。 

また、海外でヘビーボールを1400個ほど投げたところ1回だけ揺れたと証言しているものや、捕獲に成功したという報告もあるがこれに関してもソース不十分であり、真偽は不明である。

・・・ということで現在は海外の解析情報を待ちながらヘビーボールをひたすら投げるという段階である。

 

追記

ポケモンの捕獲処理の根本を成す部分は世代ごとに変更されておらず、4世代でヘビーボールの補正でマイナスになる例でも捕獲可能であるという情報を考慮するとヘビーボールダンバルは理論上可能であるということになる。

参考 : http://pastebin.com/y8WcgW2M

 

ただし、私自身、11/29未明現在で300個ほどのヘビーボールを投じているが一回もボールが揺れていないし、信用可能な捕獲情報もやはり未だに出てきていない。

さらにはGTSで(海外産の)ヘビボダンバルの存在は確認されているが正規である保証は全くなく、むしろ今現在のGTSは改造産が蔓延っているという状態であるためそのことを念頭に置いて回収する方はGTSから拾ったという苦しい言い訳を迫られますのでそこは自身で天秤にかけていただきたい。

逆に、正規である証明のできる自己産を目指す方は強い意志を持って挑戦していただきたい。もし捕獲に成功したならば証明可能な画像データとともにご一報願います。

 

捕獲に成功するか心が折れたら追記する。

 

 

Q.なんでこんな記事書いたの?

A.ソースもなく十分な検証もされていないのにマイナスになるから捕まえられないという話だけが一人歩きしていたため