人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

ジェネレーションショウダウンの感想

 2月13日から3日間にかけて行われたジェネレーションショウダウンに2ロムで参加しました。過去作使える環境は最高ですね。今後もこういう大会を開いて下されば積極的に参加できるのですが。

 本ロムのほうは、グラクレセ+レパゼルネのスイッチトリルで参加したのですが、2戦目で当たった外国人に、このパーティーがホウオウを筆頭とする炎飛行に打点がないということを見せつけられ、ホウオウ相手に2戦2敗、まさかのファイアーに詰められるという悲しみを背負いました。瞬間最高は1710ですが、最後2戦負けで最終は1671。

f:id:takpoke:20150221170440j:plain

弱すぎ。晒すのはまさに恥さらしなのでナシ。というわけでサブロムの構築を。

f:id:takpoke:20150216190434g:plainf:id:takpoke:20150216190506g:plainf:id:takpoke:20150216190550g:plainf:id:takpoke:20150216190626g:plainf:id:takpoke:20150216190650g:plainf:id:takpoke:20150216190717g:plain

ポケモン 持ち物 特性 技1 技2 技3 技4 補足
グラードン 紅色の珠 (日照り)終わりの大地 断崖の剣 ドラゴンクロー 剣の舞 守る ゲンシカイキ
クレセリア オボンのみ 浮遊 サイコキネシス 手助け トリックルーム スキルスワップ  
レックウザ 拘り鉢巻 エアロック→デルタストリーム 画竜点睛 Vジェネレード 神速 岩雪崩 メガシンカ
ヤミラミ メンタルハーブ 悪戯心 猫騙 イカサマ 重力 先送り  
ランドロス 突撃チョッキ 威嚇 大地の力 岩石封じ 蜻蛉返り 岩雪崩  
ギルガルド 気合の襷 バトルスイッチ シャドーボール ジャイロボール 影討ち ワイドガード  

 グラクレセ+メガレックです。残りの3体は猫だまし+重力でゲンシグラのサポート、優先度1の先送りでサポートやギミック阻止ができる、ヤミラミと、ゲンシグラ、メガレックに対する威嚇撒きと後攻蜻蛉返りでのクッション役がこなせる耐久振りのチョッキ霊獣ランドロス、そしてゼルネアスストッパー兼、レベル1ココドラなどのメタ、グラクレセの並びに積極的に出していける襷ギルガルドを並べました。以下個体詳細。

■ゲンシグラードン

【実数値】175-255-180-*-110-142

ゲンシグラードンは耐性優秀、高火力範囲技をもち、その火力は物理特殊共に最強クラスと、圧倒的に強いポケモン。このポケモンを活かすか、メタ側に回るか、これがこのルールのキモだと、誰でも分かるレベルの最強ポケモンです。そして私は採用する側に回りました。グラードンミラーで有利を取れるように準速までSを伸ばしてAは全ての相手を粉砕するのだという強い意志の特化。対戦の中では相手のグラードンにより確実に速いと信じ動かすことができ、結果的に勝利を手繰り寄せることが可能になっていた。技は物理型の必須技の断崖の剣、もう1つは炎のパンチと迷ったのだが、非重力下でも、この1匹を振り回すだけでグラレックゼルネの3体を倒せるという魅力でドラクロにしました。

 

クレセリア

【実数値】227-*-167-95-163-84(S個体値9)

グラクレセのトリルを見せかける駒。基本的に見せポケになった駒。オーガ入りに選出してトリルスキスワで天候奪取に対抗していく仕事のみが与えられた。結果から言えば、ウェポンは草結びのほうが良かったし、さらに言えば、雨パは後述するメガレックで全部駆逐してしまって、正直、置物だった。Sは最遅90族-1になるように調整しました。生きたかは知りません。

 

レックウザ

【実数値】180-202-99-*-110-161

【M実数値】180-232-108-*-120-183

非理想値。なんでこんなHを甘えたせっかち個体なんかでツモったのか、ツモった人間を小一時間問い詰めたい。しかし、貸してくださった先輩には当然感謝しても感謝しきれません。ありがとうございました。今回のパーティーの核爆弾。一回動けば相手は1匹死ぬ。そのレベルの火力でした。具体的には、陽気メガガルーラの捨て身の1.31倍の指数。H振りカイオーガ確定1発、無振りゼルネアス確定1発、珠メガレックのガリョウ耐えのゼルネアスを高乱1(81.3%)と、圧倒的な破壊力を振り回してくれました。手助けを重ねるとH振りゲンシグラを中乱1(68.8%)となりますが、さすがにそんなことをする機会はありませんでした。雨パに対しては初手からオーガに向かってガリョウテンセイを打ち込むだけで雨パは死んでくれたので、オーガ入りには負けませんでした。ゼルネアス入りに対しても初手をヤミラミの猫等で誤魔化しながら2ターン目を迎えて、ゼルネアスを一撃で粉砕してくれました。2回行動できればまず勝てます。

 

ヤミラミ

【実数値】157-95-96-*-128-49(最遅)

先発で投げて猫騙し、重力や先送りでサポートをする枠。HD特化にすることでゼルネのマジシャを耐えたり、クレセのムンフォを2耐えしたりする。断崖の剣は勘弁。最遅の理由は先送りミラーが発生した場合、後から先送りを打ったほうが後に動くという仕様を利用するため。つまり、相手の先送りをこちらのグラードンが受け、その後、こちらの先送りを相手のグラードンに当てた場合、素早さに関係なく、相手のグラードンよりこちらのグラードンが早く動く。ちなみに、想定した場面は来なかった。そもそもヤミラミと一回もマッチングしなかった。ヤミラミの先送りを読まれたことはなく、かなり有効に機能しました。持たせたメンハもぱっと見滅びパっぽい相手のエルゲンの並びにヤミラミギルガルドを投げていき、壊滅に追いやるなど、地雷アイテムとしての強さを生かしてくれました。襷が欲しい場面の方が多かった。数値が低すぎるのが悲しい。

 

■霊獣ランドロス

【実数値】191-165-122-143-108-112

相手のゲンシグラに対する優秀なクッション。相手のゲンシグラを倒してくれれば御の字ですが、基本的には威嚇を撒いて後攻蜻蛉での味方の無償降臨サポート、封じのS操作なり大地なりで削りを入れて後続をサポートしてくれれば仕事はオッケーという立ち回りを心がけました。耐久は威嚇込みで珠レックのガリョウ+神速耐え、ジオコンゼルネのムンフォ確定耐えで、火力は大地で意地HDゲンシグラを確定2発。しかし、重力下でゲンシグラに投げられて断崖で2回貫かれて2回殺されてしまった悲しい経歴を持つ。火力不足でしかもグラレックゼルネオーガのどれにも明確に強い駒ではないが、パーティー全体での耐久の保証を持たせられるのが威嚇ポケモンのメリットであり、その中で頭一つ抜けた性能のこのポケモンを採用することになった。はっきりと目に見えるような活躍は無かったが、私がチンパンプレイングをした箇所を除けば想定通りの動きをしてくれた。この構築自体が超火力の禁止伝説を動かすことで勝つことを目指しているので、これで十分である。

 

ギルガルド

【実数値】135-102(202)-170(70)-112(222)-171(71)-58 (5VS0)

 気合のAC振り。シャドボ2発+影うちでH振りグラードンを確定で倒すにはこうするしかなかった。あと、ジオコンゼルネを確実に処理するために、威嚇込みでもジャイロ+影うちで倒すにはこうするしかなかった。結果AC特化型になった。グラクレセのトリル展開を阻止すること、ゼルネをストップするのが仕事。ギルガルドが立っていると相手のグラードンギルガルド側に炎技を打ってくる傾向があったので(PSDや過去のGS動画を参照)オッカにしようか迷ったが、C特化ゲンシグラのオバヒはオッカを貫通するので襷にするしかなかった。キンシがないので行動保証の安心感が欲しいという意味でも襷は優秀だった。こちら側に迷いはないが、相手は勝手に迷う。実に良いポケモンでした。キングシールドがないので時間が稼げないのが弱い。

 

 AS剣舞ゲンシグラ、ハチマキメガレックによる火力の暴論を軸に構築を組みました。サブロム参戦を諦めていたのですが、BW2に眠っていたグラードン(通常色)を引っ張り出して、Vジェネレックを借りて、あとはPSDの方で回してたポケモンを速攻で乱数してツモり(クレセは事前にBW2を2周して回収してました。ランドロスはAR乱数を10分で完了させました)育成し、最終日の夜9時から始めました。適当に火力で押すパーティーにありがちなこととして、イベルタルが重くなる現象がおきていたり、ファスガ+ダクホドーブルはダクホを避けるしか無理という欠陥を極めた構築でした。事実、イベルタルに当たった2戦は負けました。しかし、ダクホドーブルを当たった2試合は、ファスガ要因がいなかったので普通になんとかなりました。ドーブルグラードンへの変身ピンポ読みでドーブルランドロスで大地の力を打ったのは名シーンだったかもしれません(前の試合で同じことされて負けてたのと、そうでもしないと勝てないからヤンキーしたというお話です)。瞬間最高は1740くらいですが、26戦と27戦を1500勢にイベルタルでボコられたのは良いとして、ニャオニクスボルトロスにゲンシグラードンが威張られて3回自傷して負けという闇に堕ちて1700陥落、その後最終戦、1690台でくらいで1600後半の人に勝って終わって最終は1711でした。

f:id:takpoke:20150221171942j:plain

この構築はゲンシグラかメガレックを振り回すだけで低レート相手にはイージーウィンできるというのが最大級の強みで、先送りが読まれなければ禁伝が2発以上を相手に打ち込み、試合を終わらせてくれる、そういうパーティーでした。序盤は先発ヤミラミグラードンの後発レックウザランドロス、後半は先発ヤミラミレックウザの後発にランドグラードンが基本でした。雨相手だとランドの枠がクレセになったりと、幅は狭い感じでした。全30試合で先発で活躍してくれたヤミラミくんは優秀でした。数値が足りないこと以外は。

 

終わりに

 私は人生シングル勢を座右の銘としているように、普段はダブルバトルを嗜まない、しかも初めてのGSということでかなり手探りな中での完全オリジナル構築になってしまいましたが目標の1700は片方(瞬間的には両方)達成したので、それなりの結果かなと思います。禁止伝説のパワー溢れるバトルはやはり爽快感が違いますね。その中でも禁止伝説を殴り合うメガガルーラは禁止伝説に仲間入りすればいいのになと思いました。