人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

第12回キツネの社オフ使用構築~グロスはオワコンじゃないっ!~

~夏休みが始まって数日したある日~

tak「グロスってホントにオワコンなの?」

ということで、やってみた。

 

【パーティー】

f:id:takpoke:20140920211642g:plainf:id:takpoke:20140920211606g:plainf:id:takpoke:20140920211708g:plainf:id:takpoke:20140920211532g:plainf:id:takpoke:20140922213043g:plainf:id:takpoke:20140920211819g:plain

 

ポケモン 持ち物 特性 技1 技2 技3 技4
メタグロス 拘り鉢巻 クリアボディ 思念の頭突き 地震 アームハンマー トリック
ギャラドス メガ石 威嚇→型破り 滝登り 地震 竜の舞 挑発
パルシェン 王者の印 スキルリンク 氷柱針 ロックブラスト 殻を破る 氷の礫
ライコウ 粘土 プレッシャー 放電 吠える リフレクター 光の壁
ゲンガー メガ石 浮遊→影踏み シャドーボール 滅びの歌 守る 道連れ
ガブリアス 鮫肌 地震 岩石封じ ステルスロック 吠える

 

まず、軸とするメタグロスを考えた。ダメージ計算をいろいろ回してみたところ、鉢巻じゃないと指数が足りない、逆に言えば、鉢巻なら指数が十分足りるということが分かり、鉢巻グロスに決定。そしてガルーラクチートに対して最大級のダメージを与えられる、地震アームハンマーを採用。鉢巻を持っているのだから、トリックによる起点作りも採用した。そして、メタグロスの弱点となるタイプを列挙した結果

地面、炎、悪、霊の4タイプ

これらは全て、ギャラドスもしくはメガギャラドスで半減以下に抑えられるということに気がつき、パーティーのメガの1枠をギャラドスと決定した。

メガギャラドスのウエポンで考えられるのは、滝登りorアクアテール、地震、氷のキバの3種。この中でも、タイプ一致の滝登りと、広範囲の型破り地震は絶対欲しい。竜舞は必須で、ワザ枠は残り一つ。パーティー単位でトリックルーム展開が重くなることは目に見えており、その阻止のための挑発を採用した。挑発がないパーティーはパーティーではなくただの寄せ集めだと思うくらいには挑発という技の評価は高くしている。

メガギャラの攻撃範囲の補完として優秀なポケモンとしてパルシェンが上げられる。正確には順序としてはパルシェンを止める鋼をギャラドスで起点にするというのが正確かもしれないが。メタグロスをワンパンするカブリアス(もしくはランドロス)は珠か鉢巻なので、珠ダメがなければ鉢巻と分かり、起点にしやすいのも評価している。耐性上は水2枚であるが、攻撃範囲が全く異なるので同時採用は問題ないと判断している。

ここまで並べたときにメガフシギバナに対する打点が絶望的ということに気がつき、グロスの技の4枠目が思念の頭突きに決定した。鋼技が無いのは惜しい限りだが、遂行対象のニンフィアに打点で困ることはないので問題なしとした。

ここまでの3匹並べたときに、電気の一貫性が尋常でなく、グロス以外の勝ち筋として壁展開を想定し電気に強い壁要員であるライコウを採用した。電気を潰せるわけではないが、電気相手なら確実に仕事ができるのが強み。上から挑発を打ってくる化身ボルト相手なら殴り合っても負けないのが良い。ゲンガーよりも初速が速いのも評価している。

ここまでは構築初期から現在に至るまで一切変わってない。ここからはいろいろ変えながら試した。最初は悪巧み霊獣ボルトロスとCS鬼火祟り目メガゲンガーであったが、霊獣ボルトロスは火力が足りない上にガブリアスに弱く、特殊戦術に勝ちきれない、ガルーラの処理ルートが甘いということや、壁が無い状態でのパーティー全体の耐久のなさが問題となり解散した。

最終的には、襷ガブリアスと滅びメガゲンガーの採用となった。オフの前日に襷ガッサを襷ガブリアスに替えた。電気無効の重要性と、火力の不安を回収するステルスロックとさめ肌が優秀だと判断した。

 

~単体解説~

メタグロス

【実数値】183-198-151-*-114-98

構築の原点にして頂点。美しい、強い配分を目指した。

HPを少し削ってDに回したことで、眼鏡ニンフィアハイパーボイスを2耐えとした。Aは地震メガクチートを93.8%で地震で倒せる値を採用。残りをSに回し、Bに4振り。

メタグロスというポケモン自体がほとんどマークされていないので相手は何をしてくるのか、分からないようであった。戦った人に話を伺ったところ、初手ではチョッキ想定で動く人が多いようだ。初手のメガクチート地震で倒し、トリックで相手の動きを封じたりと、素晴らしい活躍だった。

 

ギャラドス

【実数値】175-177-99-*-120-141

【M実数値】175-207-129-*-150-141

抜きエースその1。Hを16n-1でAをぶっぱ、残りをSという単純な配分。Sが最速ドランと被っているが、ドランとS勝負になる場面はまず無いだろうと判断した。正直、こんな中途半端にHに振るなら、ASぶっぱでいいと思う。見た目が綺麗ということ以外の利点は薄い。陽気なのは1舞で最速135族以上、そのあたりに調整したスカーフ抜きまで抜き去るためである。

抜きエースと呼称しているが、抜き性能はあまりない。耐久と耐性変化を盾に舞って、1.5〜2体を倒すイメージ。基本的にはパルシェンを止めてくるポケモンを最後に締めるのが仕事である。壁がないといきなり裏からガルーラを投げられるだけで頭を抱えることになるので運用は難しかった。

 

パルシェン

【実数値】131-161-200-*-65-117

抜きエース2。A特化でSは殻やぶ時に意地スカガブ+3で、残りをHに振った。Hの奇数調整はしないといけないと考えているのでSラインがあまり綺麗ではなくなった。

壁下では鉄壁の物理耐久を誇り、ほぼ全ての物理ポケモンを起点にはできる。逆に、壁を貼っても特殊耐久は並以下。抜きエースとしてはギャラよりも圧倒的にこちらのほうが性能が高い。鋼で止まるのは仕様だが、印で無限に怯ませる勝ち筋がある。後述するライコウとの兼ね合いも良いと感じた。

 

ライコウ

【実数値】191-*-102-135-120-183

壁要員。最速で、Hを191まで振り、残りをBとした。こうすることで、壁下でいじっぱ鉢巻ガブの地震をそれなりの乱数(乱数1発18.8%)で耐えるので、両壁展開しやすい。放電は指数を稼ぐ技じゃなくて、麻痺を狙う技なので耐久ガン振りで正解だっただろう。放電の麻痺とパルの印で麻痺+怯みの流れもあり、鋼に麻痺を入れておくと、非常に高い圧力をかけられる。

甘えない臆病5V個体。電気に強い壁要員ということを理由に採用したが、こちらからも打点があるわけではない。しかし、電気相手にはほぼ安全に壁を展開できるのは強み。

 

■ゲンガー

【実数値】167-*-81-150-95-178

【M実数値】167-*-101-190-115-200

普通の滅びゲンガー。面倒なのはこいつで殺す。オニゴーリ、ピクシー、ラッキーをカモにしてく、予定だったが、あまりにも刺さりすぎていた相手に、何か裏があるに違いないと選出をしなかったため、負けるという自体に至ってしまった。これは俺が悪い。素直に動けばよかった。

この枠は最初はCSメガゲンガーだったが、気合玉が当たらない問題と、ガルーラ処理手段の確保、最近出現しているというオニゴーリに対して処理ルートが甘いという理由で滅びを採用した。しかし、このポケモンだけパーティーのシナジー概念から外れているので、選出したときに残りの2体をどうするのか分からなかったのは弱かった。

 

ガブリアス

【実数値】183-182-116-*-105-169

襷ステロガブ。王道を行くAS振り。パーティー単位で起点を作る構築なので自身が起点にならないために竜技の採用はしなかった。吠えるがかなり良い技で、殻を破ろうとしたパルシェンに対して吠えたり、守ったオニゴーリをそのまま流したりした。比較的採用率が低い技なので相手の思考の片隅にはあったとしても、実際にそれに合わせた行動をされたことはなく、ステロ蓄積や流しに有効に働いてくれた。

先発率は堂々の1位。選出率も堂々の1位。ガブリアスというポケモンの強みである火力を削ぐという、単体性能が重視されるべきXYシングルにおいては如何なものかと思うところではあったが、この構築では有用なポケモンであった。

 

~使用感~

別にスマブラをやっていたわけではないのだが、ポケモンモチベが対戦、乱数含め一切無く、個人的に違和感があった箇所を修正無しで望むことになってしまったので、使用感自体はあまり良くない。

それぞれの単体についてであるが、構築のスタートになっているメタグロスは非常に優秀で、いい活躍をしてくれた。トリックで相手のポケモンを腐らせ、メタグロス自身が相手を突破したり、予想以上の活躍であった。

次点でガブリアス。相手のサザンに流星を打たせ、起点を用意してくれるので、サザン対面で無理な行動を一切強いられないのが良かった。具体的には、流星群を打ったサザンドラに対して地震を打つことができる。相手が起点を恐れて引いた場合は大打撃になり、居座った場合はギャラドスの起点である。

パルシェンは殻を破る起点確保が難しいが、破れば相手を壊滅に追いやる性能があり、何をするにしてもハイリスクハイリターンだと感じた。ルカリオが減り、真空波で飛ばされることも少なくなったと思う。HBボルトロスの台頭が若干嫌ではあるが。

この構築でエース運用したギャラドスについては評価はイマイチである。舞うタイミングは多いが、1回舞った程度ではやはり火力が足りない。壁を前提として考えれば、意地っ張りHAベースの2回舞うことを前提としたほうが性能は良いのではないかと感じた。

その壁要因のライコウを選出した試合は、壁があったから勝ったというわけではなく、壁があったからオーバーキルできたという感じだった。ライコウというポケモンはこの構築では壁前提で動きをされるので、偽装の眼鏡や珠のアタッカー、もしくは裏の圏内に入れるためのノイコウのほうがマッチしてると感じた。また、先にも述べたとおり、メガゲンガーのパーティー内での孤立感は否めない。この枠もまた考える必要がある。恐らく、フェアリー耐性や対ガルーラ性能などを考えればメガゲンガーというポケモンのチョイスは悪くはなかったとは思う。それでも構成をもう少し考える必要はあった。

 

〜最後に〜

初めての大規模オフで、5-4で予選落ちという結果であった。運営のキツネさんをはじめとする運営陣の皆さん、そして対戦してくださった皆さん、ありがとうございました。次回は2月以降の春のオフに参加できるよう準備を進めてまいります。

 

 追記:パーティー内で先制技がパルの礫しかないのは弱いと感じた。昔のメガギャラの構築はガルドの影打ち、キノガッサのマッパと2つの先制技があったのだが…