人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

【BW2】ウォーグル乱数【乱数】

 今回はBW2乱数最難関と呼び声の高い、ウォーグル乱数に挑戦しました。そもそもウォーグル乱数とは、4番道路にいる固定シンボルの夢特性ウォーグルの乱数のことです。♂しか存在しないポケモンですので、5世代ではこの方法でしか夢特性ウォーグルを得ることはできませんでした。XYでは♂の夢特性も遺伝可能となり、色違い個体自体はSV法により比較的簡単に得ることができるようになりましたが、メタモンのボールを遺伝しないので、おしゃぼに入れることができません。しかも教え技も無しです。そしてウォーグルは進化レベルが54なので必ずOLしてしまいます。

 つまり、色おしゃぼかつ夢特性かつ、教え技持ちでOLしていないという完璧なウォーグルはこの乱数以外で入手できません。

 ウォーグルというポケモン自体は負けん気でAが高く、追い風、いわなだれというダブルトリプルで有用な技を多く使えるので、ワンチャンあると思いますし、一度乱数に挑戦してみたいという気持ちもありましたので、挑戦した次第です。

 それでは実際やってみたいと思います。

 

必要なもの

・表裏IDが分かっている、ロムリセ可能なW2ロム

・SSS4(ver2.03b)

・bwseedlist(ver2.00b)

・sidseed

・seedparasearch2

・cal_offset

個体値計算機(レベル指定可能なもの)

マスターボール(あると楽)

・十分な時間

やる気

根気

諦めない強い意志

特に下3つです。

 

 ウォーグル乱数がなぜBW2史上最難関の乱数である理由を説明します。

 ウォーグル乱数自体は固定シンボルの乱数です。しかし、4番道路の砂嵐を止めることができません。これにより、不特定消費が発生します。これを可能な限り回避するには2つ方法があります。1つは最速連打で戦闘に入ることで砂の消費を一定に保つ、もう1つは最速でステータス確認画面を開き、ペラップで任意の位置まで消費を進め(初期SEED確認を兼ねる)、それからさらに最速連打で戦闘に入るというものです。

 BW2はTimerが複数あり、初期SEEDが合わないという問題が必ず付きまとうわけですが、今回はレポ針は使えないのでペラップの音の高低で初期SEEDを特定するしかありません。しかし、今回は砂嵐ゆえに、ペラップの音のスタートが分からない状況からのスタートで、私は音を聞き分け、初期SEED特定できる自信が無いですし、そもそもそれだけやっても結論最後の最速連打を合わせなければいけないので私としては前者を推奨します。どうせ数百回は試行しなければなりませんし、速攻で試行を稼いだほうが最終的に時間はかからないのではないかと思います。それでも丸3日かかりました。

 もう1つは、先に述べたTimerの問題です。これはどうしようもないので試行回数を稼ぐほか無いです。

 あと、NPC複数人いて消費発生しますが、どうせ先に最速連打の前提を立てたのであんまり関係ないです。

 

 それでは、SSS4で欲しい個体の検索です。ってやりたいんですけど、今回は後回しです。今回はTimerズレがした時点で失敗確定なので、現地で個体を捕獲しながらTimerを特定していきます。つまり最初は大量に捕まえます。このとき、マスボがあると楽です。そして、個体値計算機で個体値範囲を特定し、SSS4で検索をかけます。そして出やすいTimerをハッキリさせます。つまりはSSS4を用いてパラメータ特定をするような感じですね。SSS4でパラメータ特定は比較的簡単ですので、やってみると楽しいと思います。

f:id:takpoke:20140515161544j:plain

このようにTimer値、個体値に範囲を持たせ検索をかけてもおおよそ1つの初期SEEDに特定してくれますので、これを何回も何回も繰り返し、出やすいTimerを特定します。アドバイスとしては、4世代や3世代乱数をやるように秒針が動いた瞬間を正確に狙うのが良いでしょう。するとおおよそTimerが2つか3つくらいしか出てこないような気がします(感覚の問題なのでなんとも言えないのですが)

 そして出やすいTimerを特定したら今度はTimerを1つに絞り、SSS4で出したい個体の検索をかけます。基本的に物理5Vですが、6V推奨です。理由は性格値特定が少しだけですが、確実性が出て楽だからです。試行回数が必要なので、時間は10秒~16秒を推奨します。キー入力をしてください。

f:id:takpoke:20140515162513j:plain

  そして検索して出た時刻で起動し、とにかく最速連打で戦闘に入ります。生半可な連打ではダメです。自分にできる最高のパフォーマンスで連打してください。そして狙った個体値(6V)の個体が出現したら、性格、個性をメモします。当然ですが、シンクロはしないでください。

 そしてbwseedlistを起動し、消費300~500くらいで固定リストを出します。この際、ID補正を必ずかけてください。理由は、表裏のIDの奇遇が一致していないとリストに出現個体の正確な性格値が反映されないからです。そして先の性格、個性から性格値を特定してください。この作業を何回も繰り返して、出現しやすい個体(シンクロが効く、もしくは狙った性格のもの)の性格値を決定します。位置を特定私は裏IDの分からないロム(中古で買ってきたロム)しかなかったのでポケチェック先生の力を借りました。

f:id:takpoke:20140515163213j:plain

 このロムは表IDと裏IDの奇遇か一致していないですね。今回はシンクロを使っていないのですが狙っていた意地っ張り個体が出現したので、この位置の個体を光らせようと思います。

 さて、先に述べたIDの補正というものですが、私のロムで出現した個体の性格値は8EF51C50でした。これがIDの奇遇の一致したロムでは性格値は上一桁が8ズレ、0EF51C50という性格値で個体が出現します。いわゆるID補正という奴ですね。そして私はID調整する際、TID0.SID偶数値でID調整をしますので、私が光らせる個体は性格値0EF51C50の個体になります。

 ではこれからID調整していきたいと思います。sidseedを起動し、光らせる性格値を入力し、以下のように情報を得ます。

f:id:takpoke:20140515164718j:plain

 そしてTID0.SID4768でbwseedlistでその個体が光るのかを確認しておきます

f:id:takpoke:20140515164910j:plain

 確かに光りますね。それではこのIDになるように調整していきます。というわけでロムリセしましょう。マスボの回収を忘れずに。

 bwparasearch2を起動し、各種情報を入れます。消費は30~60が安定でしょうかね。

f:id:takpoke:20140515165323j:plain

 次にcal_offsetを起動し、検索結果に出てきた初期SEEDを入力、オフセットを特定します。そしてbwparasearch2の結果の消費の欄にある数とオフセットの差だけ主人公の名前決定のタイミングでいいえを選択し、それ以外は戻らずにようにしてゲームスタートすれば、Timerが合わない限りID調整が成功すると思います。稀にですが、cal_offsetが間違った検索結果を示す場合があるので、ID調整が失敗したときはTimerズレであることを確認しておくことをオススメします。

 無事ID調整が終わったら、バッジ3つ確保し、4番道路へ向かいます。当然ですが、月曜日です。

f:id:takpoke:20140515171452j:plain

 ここからですが、私はダイブボールに入れたいので、ダイブボールと捕獲要員を輸送しました。ここで1つ注意です。

 天候が砂嵐なので、このままではウォーグルが死にます。天候変化技要員を必ず用意してください。あとは先の検索結果の通りに何回も試行するだけです。

以下のように光ったら成功です。お疲れ様でした。

f:id:takpoke:20140515172306j:plain

 

 なんと神々しい・・・

 光ったとき、大学のカフェテリアでサークルの仲間たちとやってたのですが、出た瞬間に感動のあまり、声を出してしまいましたw

捕まえるとき、本当に手がものすごく震えました。そのくらい感動しました。

 

非常に大変ですが、成功した瞬間の感動は一入です。是非一度やってみるといいかもしれません。私は今から北米版で捕獲しようと思います。

ここまで読んでくださってありがとうございました。