人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

わせポケ春旅行大会報告1~カード大会~

初のカード記事です。参加21人でベスト8でした。準々決勝でアギロット相手にキャッチャー外して負けました。これがXYのポケカですって感じですね。フラダリ早くくださいお願いします。

では構築

 

ポケモン

ダークライEX 2

イベルタル 3

Psアブソル 3

ヤミラミ 1

ケルディオEX 1

コバルオン(エナジープレス) 1

 

サポート

アララギ 4

N 4

ベル 2

 

エネルギー

悪 8

鋼 1

プリズム 1

 

グッズ

自転車 4

ハイパーボール 4

はかせのてがみ 1

ツールスクラッパー 1

改造ハンマー 1

ちからのハチマキ 3

ランダムレシーバー 1

どくさいみん光線 3

タチワキシティジム 2

ダークパッチ 4

エネルギー付け替え 1

(ACE)パソコン通信 1

 

メインアタッカーをPsアブソルとしたデッキ。キャッチャー弱体化により、ベンチに大量展開するデッキが多くなり、アブソルの火力がEXポケモンと比較しても遜色ないレベルとなることも多く、サイドレースにも強く、展開も早く、イベルタルヤミラミのお陰で終盤の息切れもしにくいというなかなか力のあるデッキとなった。イベルタルEXは資金不足により採用できなかった。コバルオンはフェアリー対策で採用。ACEスペックは、悪デッキというデッキそのものが序盤の速さがキモとなるのだからパソコン通信1択だと思ってる。

 

以下大会結果報告

予選リーグ

1回戦、対モロキュウ

相手が初手にロコンとタマゲタケを並べることができず、こちらは理想的な手札で初手でアブソルとイベルタルが立ち、こちらから先に攻撃を開始でき、非EX同士の殴り合いでは先攻した側が有利の法則で、かつ相手がこちらを毒にする手段の多くをサイドに封印していたこともあり、勝利。

2回戦、対ボルトランドマルマイン

マルマイン愛に溢れる相手との1戦であったが、相手のボルトランドに殴られているだけでこちらとしては無理だと思っていたのだが、相手がエネ事故を起こし、立て直しの時間を与えずに勝利した。悪デッキの速さが光った1戦となった。

3回戦、対フェアリーバレット

相手が初手にゼルネアスを出せず、こちらが先攻する展開となり、フレフワンを倒すことに成功。しかし、こちらがコバルオンスタートとなっており、相手にコバルオンを倒されたあとにゼルネアスEXが起動してこちらとしてはどうしようかと思ったのだが、キャッチャーで相手のベンチにいた手負いのビリジオンを引っ張り出し、倒しゲームエンド。相手の初手事故に助けられた試合であった。

4回戦、対ダークイベル

悪ミラー。相手はベンチにポケモンをほとんど展開せず、アブソルの打点が足りなく、苦戦する。毒催眠で火力を補助しながら戦い、相手のイベルタル(悪エネ2つとニコタマ付き)をコバルオンのエナジープレスで突破し、流れを引き寄せるが、終盤にまんたんの薬を使われ、頼みの綱となったキャッチャーを3回全て外し、相手にキャッチャーを2回連続で決められ、逆転負け。アブソル依存の弱点の1つをさらけ出した試合であった。

予選を3勝1敗で通過し、準々決勝対アギロット

序盤はこちらが展開でき、有利に進むが、相手がカビゴンを生贄にし、裏でアギルダーオーロットを展開。中盤、こちら側がケルディオをツモ。一気に相手のオーロットを突破する。しかし相手は次のターンには軽石カビゴンを展開し、ケルディオが機能停止する。1匹生贄にし、アブソルで攻撃を仕掛けるも、白銀オーロットが誕生し、こちら側の攻め手がなくなる。サイド差が残り2:4の有利を生かし、時間勝利を狙う終盤の攻防となる。残りサイドが2:3となった時間制限のこちら側の最終ターン、勝負のキャッチャーを仕掛けるもハズレ。相手は返しのターンでこちらのアブソルを倒し、残りサイド2:2の延長となる。こちらはキャッチャーがもう残っておらず、打開手段がなくなり、負け。

 

ということになりました。景品のパックを剥いだらハチマキとEXイベルが出てきて、歓喜しました。

デッキの改善点としては、昔はメインアタッカーをダークライとしていたのであまり意識しなかったのですが、アブソル軸では白銀の鏡対策が必須であるということです。スクラッパーを増量するべきかなと思いました。あと、コバルオン1枚のためにエネルギー2枚割くのはあまりにも頭が悪いように思いますし、フェアリー対策として以外にもなかなかの打点を見せてくれたのでもう一枚採用する選択肢もありだと思いました。あと、フラダリはよ。

 

以上で報告とします。対戦してくださったみなさん、運営してくださった先輩方。ありがとうございました。