人生takゲー

乱数とか構築とか。n番煎じだったりします。

クレッフィメタモン構築

 

クレッフィメタモンの並びっていうのは簡単にいうとボルトメタモンですね。クレッフィで悪戯心電磁波威張るで荒らして、起点を作って自らがイカサマで攻め込んだり、物理相手に威張り散らして電磁波撒いて、メタモンでコピーして全抜き狙ったり。というものです。

今現在、ニャオニクスクレッフィが悪戯心ですが、ニャオニクスは滅多に見ないので、クレッフィの電磁波がほぼフリーパスですし、ファイアローはブレバを押せないのでこちらは威張って、落としてもらって、メタモンでA2段階アップのスカーフ疾風の翼ブレバを連打できますし、気にするほど面倒なポケモンでもないです。ということでクレッフィは今現在、最も起点作りがしやすいポケモンですね。壁も張れますし。

はい。では構築です。

f:id:takpoke:20131024211049p:plainf:id:takpoke:20131024211122p:plainf:id:takpoke:20131024222739p:plainf:id:takpoke:20131024222729p:plainf:id:takpoke:20131024222754p:plainf:id:takpoke:20131024222722p:plain

クレッフィ@食べ残し(図太いHB)

威張る 電磁波 身代わり イカサマ

メタモン@襷(穏やかHD)

変身

モロバレル@オボン(図太いHB)

胞子 ギガドレ ヘド爆 クリアスモッグ

ヌオー@ゴツメ(腕白HB)

滝登り 地震 鈍い 自己再

ヒートロトム@スカーフ(臆病HCS)

オバヒ ボルチェン トリック 鬼火

ガブリアス@ラム(陽気AS)

逆鱗 地震 剣舞 エッジ

 

ということで。ご覧の通りの構築です。

基本選出は先述のクレッフィメタモンです。最近は物理一辺倒なパーティーが多く、積極的に威張ってメタモンの起点にできます。他の4匹について解説していきます。

今回はメインはメタモンによる全抜きなので他のポケモンは耐久ベースのポケモンが多いです。しかもほぼHB振り。理由は今現在、怖い特殊が少ないことです。しかもこのパーティーで辛いような特殊はメガフシギバナくらいなのでガブのラムを盾に剣舞することで突破とはいわずとも致命傷を与えることができます。相手からの攻撃のダメージも一撃でガブが沈むようなものは無いので。

また、今は妖精が強く、ガブで剣舞逆鱗を容易に打ちにくい場面が多いと思われがちですが、逆鱗キャッチからの剣舞を積むようなポケモンをストップするための単純ヌオーです。また、このパーティーはマリルリに対してはかなり厚くしています。基本的に腹太鼓する対面が無く、されたとしてもヌオーでも、バレルでも攻撃を耐えることができるので(腹太鼓マリルリのじゃれつくでバレルに最大9割)返しの胞子が安定します。正直、クリアスモッグは殆ど使わないので、各自研究してもらって、どうぞ。そもそもメタモンクレッフィの威張るがあるのでなかなか相手も積みたがらないでしょうから。個人的には5世代と繋がってからイカサマを入れたいです。

このパーティーのヌオーの最大の採用理由は対メガガルーラということです。グロウパンチに後出しするだけでこちらへのダメージは約15%前後ですが相手へのダメージは33%です。メインウエポンはゴツメです。当然、この後の恩返しも当然耐えます。そして返しの貧弱な地震でもほぼ落とせます。落ちなくてもラストのゴツメで落とせるので、あの厄介なクソ野郎を相打ちにできるので十二分な仕事ではないでしょうか。

ヒートロトムに関しては鬼火強化による恩恵を最も受けたポケモンであり、ボルチェンでサイクルを回し、モロバレルの再生力を積極的に発動できるという利点もあります。トリックはメガ進化には当たらないですが、こちらのパーティー構成に似た耐久ポケモンには非常に刺さります。また、ガブより速く鬼火を打てるので、ロトムの鬼火を身代わりで避けて剣舞するガブを一泡吹かせてやれます。またトリックを見せることで相手は鬼火の警戒を完璧に解いてくれるということも大きなポイントですね。

本パーティーの根幹となる発想は相手の積みを徹底的にメタり、こちらは積んでいくというものです。このパーティーは見ての通り、身代わりを張られると相当面倒なので、そこに対する回答を組み込んで改良を加えて生きたいと思います。

 

追記:多少改変したパーティーで自己最高レート更新して1844になりました。後日また公開します。13年10月31日にブログ更新予定